長光山  大光寺  だいこうじ

宗  派 真言宗 智山派
御本尊 不動明王
寺  宝 阿弥陀如来立像(鎌倉時代鋳造) 半鐘(江戸時代中期)
開  基 慶賢法印
開創年 室町時代永禄年間(一五五六〜六九)

大光寺室町時代永禄年間(一五五六〜六九)に創建、慶賢法印の開山第八世慶禅法印が宝暦年間に中興、現在の山容の基礎を築いた。旧本堂は江戸時代の建立で茅葺屋根六間四面のお堂で惜しくも大戦で焼失。その後、再建されるも昭和三十六年再度焼失。現在のお堂は昭和四十一年再々建の鉄骨コンクリート造り五間四面のモダンなデザインのものである。住職は二十五世秀一が法燈を継ぎ現在に至る。平成元年美山霊園を開設した。

大光寺【メ モ】
樹齢三、四百年枝垂れの桜と樹齢未詳百日紅の二本の巨木。山門、平成元年建立小さいながら優美な唐破風の屋根を持つ格調高い門。
 
【年中行事】
4月8日誕生会
7月第2日曜施餓鬼会
春秋彼岸会
大光寺マップ【交 通】
JR八王子駅より西東京バス美山町行「美山小学校前」下車、徒歩10分
 
【住 所】
〒192-0152 八王子市美山町625
電話 042-651-3516
住職 梅澤秀一

前のページへ戻る

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は八王子市仏教会に帰属します。
Copyright(C) 八王子市仏教会