金峰山  永林寺  えいりんじ

宗  派 曹洞宗
御本尊 釋迦牟尼佛
寺  宝 小田原彫大皿 御朱印箱等
開  山 一種長純大和尚
開  基 大石源左衛門尉定久公(滝山城主)
      中興開基北条陸奥守氏照公(八王子城主)
開創年 天文元年(1532)三月

永林寺当寺は開創前由木城と称し、武相十郡の太守、滝山城主大石源左衛門尉定久公が家督を相続するまでの居城であった。定久公滝山城入城の際、支城であった由木城を叔父である一種長純大和尚に譲られ開山された。開山当寺は道俊院心月閣と称していた。天文十五年(一五四六)大石定久公の養子である八王子城主北条氏照公により北条家家人横地監物、中山勘解由を建築奉行として七堂伽藍の完備した大禅寺を建立し、江湖会(僧侶千名)を営み、永麟寺と改名された。天正十九年徳川家康公当寺を巡拝され、朱印十石、公郷格式拾万石を授けられ大名寺院となった。又巡拝の折「名にしよう、永き林なり」と賞賛され此れにより永林寺と改名した。天正十五年後陽成天皇より勅願寺の綸旨を賜り、護国禅寺となる。正徳三年(一七一三)寺格随意会となり、享保八年(一七二三)随意会会下号を開闢し、僧堂を開単、北海禅林(修行僧約二十五名)と称し、当地方の格地本寺寺院(当時末寺十八ヶ寺廃仏毀釈により十ヶ寺)となり現在に至る。

永林寺【メ モ】
参禅会、毎月第2土曜日
 
【年中行事】
元旦祭、開山忌、涅槃会、春秋彼岸、降誕会、
大般若法会、山門盂蘭盆会、成道会、冬至祭、大晦日
永林寺マップ【交 通】
京王相模原線南大沢駅よりバスにて八王子駅行き殿ヶ谷戸経由、聖蹟桜ヶ丘駅行「由木中央小学校前」下車徒歩2分
JR八王子駅、京王線北野駅よりバスにて南大沢駅行き殿ヶ谷戸経由「由木中央小学校前」下車徒歩2分
 
【住 所】
〒192-0372 八王子市下柚木四
電話 042-676-8410  Fax 042-678-1266
住職 三十六世小倉英利

前のページへ戻る

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は八王子市仏教会に帰属します。
Copyright(C) 八王子市仏教会