延壽院  えんじゅいん

宗  派 日蓮宗
御本尊 一尊四士像 釈迦立像を中心に上行菩薩、無辺行菩薩、
      浄行菩薩、安立行菩薩のいわゆる四菩薩を脇座に従えた形
寺  宝 毘沙門天、虚空菩薩像(室町時代)
      薬師如来(鎌倉時代)
開  基 慈光院日幸大徳
開  山 安立院日雄
開創年 享保(一七一六〜三六)年間

延寿院享保(一七一六〜三六)年間の創立。日蓮聖人像は中老僧日法上人の作、又、大黒尊天像は元禄年間の作、当初小石川白山指ヶ谷町に蓮華寺の塔中として創立。安政末より明治三十年に至る間荒廃した模様で諸記録はない。二十七世智良院日井上人が明治三十一年再興。戦災で倒壊。昭和三十一年再建。昭和四十二年都市計画により現在地へ移転した。

【年中行事】
3月春季彼岸会  7月盂蘭盆施餓鬼会  10月宗祖御報恩会式
延寿院マップ【交 通】
JR、京王八王子駅より五日市行「榎木」下車、徒歩10分
 
【住 所】
〒193-0801 八王子市川口町1325-1
電話 042-654-3565  Fax 042-654-3565
住職 及川一晋  前住職 寺井明道
 
延壽院メール

前のページへ戻る

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は八王子市仏教会に帰属します。
Copyright(C) 八王子市仏教会