釈尊山  浄泉寺  じょうせんじ

宗  派 曹洞宗
御本尊 南無釈迦牟尼仏座像
開  基 獄應儀堅禅師
開創年 平安時代の後期応徳三年(一〇八六)頃

浄泉寺平安時代の後期応徳三年(一〇八六)鎌倉権五郎景政(武将)がこの地に本拠を構え戦国時代に入ると近藤砦と呼ばれ、御霊山浄泉寺城と称されていたいわゆる武将の館であった。八王子城主北条氏照の家臣近藤出羽守助実公が寺の開基(一五九一年没)です。また、開山は獄應儀堅禅師(一五八八年没)で当寺は御霊山浄泉寺と呼び、寺の守護神として御霊神社が建てられたのです。明治に入り神仏分離により寺の山号を御霊山から釈尊山と改名されました。現在でも寺のすぐ下に御霊神社があり明神様と呼ばれ毎年八月末の祭礼では遠方からの参拝者も多数見受けられます。

浄泉寺【メ モ】
武将の館に相応しく、城砦として申し分のない場所であった面影が今でも残っている。
 
【年中行事】
5月 第2土曜日 大施食会法要
浄泉寺マップ【交 通】
JR、京王線高尾駅より南に1.8km、
京王線狭間駅より徒歩12分
 
【住 所】
〒193-0944 八王子市館町1234
電話 042-661-1621  Fax 042-661-1708
住職 上杉和夫  副住職 上杉憲廣

前のページへ戻る

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は八王子市仏教会に帰属します。
Copyright(C) 八王子市仏教会