一乗山 久松寺  吉祥院  きちじょういん

宗  派 真言宗智山派
御本尊 大日如来(金剛界)
開  基 頼源法印
開創年 応永年間

吉祥院一乗山吉祥院久松寺は、本尊大日如来を安置せる。真言宗智山派に属する密門の寺院なり。草創は応永年間、開基は頼源法印、その後、慶長七年(一六〇二)宝樹房行盛法印の中興との寺伝あり。累代八王子市日吉町に所在せるも、享保十五年四月と明治二十二年冬の火災、更には昭和二十年八月二日、八王子市全土に及ぶ大空襲の火災等、度重なる災害に寺門振わず、昭和二十年八月十五日、平和克復の日を迎え、昭和中興第一世義晃僧正壇信徒に謀り、寺門を挙げて現在地に移転せるものなり。以来、昭和二十九年仮本堂及び庫裡を新築三十二年勢至堂建立、四十年鎮守社勤請、四十四年鐘楼と梵鐘を築造、四十六年五月現本堂を落慶し、更には五十三年庫裡の再建等々、新寺域を徐々に整備して今日に至る。ここ長房の寺領は、多摩御陵、武蔵野陵に近く、又高尾山や丹沢の山脈も指呼の間にあり、万葉の古歌にも詠まれた多摩の横山を眼下にする丘上にあり、寺門小なりと雖も気宇壮大にして清浄心喚起の妙好地というべきなり。

吉祥院【メ モ】
当山奉安の吉祥天は、八王子七福神の中の一つであり、毎年正月中、多くの参拝者有り。古来、二十三夜の寺とも称され、明治年間には旧地にあって縁日の露店など出て賑わったという。山上に二十三夜尊を祀る勢至堂あり。
 
【年中行事】
八王子七福神巡り(1月)、お稲荷祭(3月)、
春秋彼岸、施餓鬼会(7月)、
二十三夜堂勢至菩薩祈祷会(11月)、
毎月23日呆無観音縁日、除夜の鐘
吉祥院【交 通】
JR西八王子駅下車徒歩10分
京王バス長房団地富士森高校経由富士森高校下車徒歩3分
西東京バス水無瀬橋下車徒歩5分
 
【住 所】
〒193-0824 八王子市長房町58-3
電話 042-661-5448 Fax 042-667-3905
住職 大山義順

前のページへ戻る

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は八王子市仏教会に帰属します。
Copyright(C) 八王子市仏教会