清満山  天龍寺  てんりゅうじ

宗  派 真言宗智山派
御本尊 不動明王

天龍寺当山は清満山弥勒院天龍寺と呼び、京王線の北野駅に近い小高い丘の上にあります。ここが多摩四国八十八ヶ所第八十二番札所であります。寺の起こりは今から四百五十年程前(天文年間)に、足利一族の末裔であるといわれる清満法印がこの地に巡錫され、一寺を建立したのが始まりといわれます。
 古文書によると、宇津木の龍光寺の末寺であると伝えられる。境内に、一丁五反歩を所有し、徳川家より御朱印五石を賜わった寺でありました。元禄十年(一六七七)、本堂、庫裡、地蔵堂など焼失、享保三年(一七一八)十二月に本堂と庫裡が再建された。現在の本堂は昭和三十九年に建てられたものであります。昭和の初期より終戦の間、歓喜天の信仰が盛んであったが今日この聖天堂は見られない、昭和五十九年の弘法大師の壹千百五拾年御恩忌にあたり、報恩謝徳のための記念事業として、石彫による十二支守本尊さまをつくり、それに釈迦、地蔵、弥勒、阿弥陀如来の諸尊を加え十三仏とし、他に六波羅蜜菩薩、七観音、薬師如来、十二神将、鬼子母神等の、現世、来世、を司る仏さまをつくり、ご来寺下さる十方有縁の檀信徒の身上安全ほか諸処のお願いごとがかなえられるよう、ご祈念いたします。四国八十八ヶ所を巡拝のときに持ち帰りましたお砂で、『お砂ふみ』をつくりましたのでご来寺の時には巡拝なされて下さい。

【メ モ】
当寺に来て目に付くものといえば、石仏のほかに、色々な動物を銅板にたたきだしたものが多くあります。十二支守本尊をおまつりするだけに、『えと』が十二刻まれております。さがしてみて下さい。
 
天龍寺マップ【交 通】
JR中央線八王子駅南口より
バス、六万坊下車徒歩5分、
京王線北野駅下車徒歩10分
 
【住 所】
〒192-0906 八王子市北野町532-2
電話 042-642-6743 Fax 042-642-2688
住職 菅谷秀文

前のページへ戻る

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は八王子市仏教会に帰属します。
Copyright(C) 八王子市仏教会