神龍山  禅東院  ぜんとういん

宗  派 単立(禅宗系)
御本尊 本堂 釋迦牟尼佛  別院 大日如来胎蔵界
寺  宝 十一面観音立像 六尺五寸  樟一木彫 不動明王立像
      愛染明王青石塔婆板碑 市文化財指定
開  基 少林寺第二世大室隣徹
開創年 慶長年間(一五九六〜一六一四)

禅東院慶長年間(一五九六〜一六一四)曹洞宗となった以前は禅東庵と称した。戦災まで本尊は釋迦、文殊、普賢の三尊、外に十一面観世音(八王子二十八番札所)唐がらし地蔵尊、秋葉権現、薬師如来などを奉祀してあった。唐がらし地蔵尊は全国三体の一であると称し、寛文十一年(一六七一)八月二十四日の建立、古くから八王子名物の縁日に加えられ往時その祭典は頗る盛んなものであった。当寺が曹洞宗となったのは慶長年間で開山は少林寺第二世大室隣徹、示寂は元和三年(一六一七)三月十八日である。当寺歴住中第十七世中興大岳東海は明治四十四年三月二十三日の示寂で、当寺末寺東慶寺及び東福寺開山である。当寺は明治三十年四月の八王子大火災の折全焼、又昭和二十年八月の戦火にも全焼。戦災後いち早く仮本堂庫裡は再建されたが昭和三十六年十月鉄筋コンクリート造四階建、延べ六百八十坪の八王子ビルディングを建設その一部を当山法堂にあて、他を店舗、貸住宅とする新時代革新型の寺院建築が出現した。その法堂を利用し結婚式(仏式)モダンバレエ、ピアノ、オルガン、日本人形、社交ダンス、剣道、空手、体操、絵画教室を設け老若男女に活用された。又、ピアノ、舞踏、車人形等々の発表会により市民の文化活動が展開された。八王子ビル築後三十五年老朽化の為、全面解体しその跡地に木曾桧作銅板葺地上二階建の別院普門殿が平成十一年六月に完成した。特に庭園造成に力を注ぎ八王子名所といわれる明るくモダンな寺院として今後の活動が注目される。

【年中行事】
4月上旬釈尊降誕会前夜祭(花まつりイブ)は五十余年の伝統行事として盛大に開催、
現在坐禅会を毎週金曜日夜7時、日曜日朝6時、
モダンバレエ教室を毎週土曜日実施している。
禅東院マップ【交 通】
JR八王子駅より徒歩13分
 
【住 所】
〒192-0066 八王子市本町17-19
電話 042-622-1394  Fax 042-628-1288
住職 大石徹元  副住職 大石貴弘
 
禅東院メール

前のページへ戻る

掲載記事、写真などの無断転用を禁じます。すべての著作権は八王子市仏教会に帰属します。
Copyright(C) 八王子市仏教会